紙幣や古銭買取りについて

コレクションをしている人の中には紙幣や古銭などを集めている人が多くいます。

紙幣と言うのは紙のお札、古銭と言うのは硬貨になるわけですが、これらを処分する場合の方法としては古銭買取りを利用する方法と、銀行に持って行って新しい紙幣と交換して貰うと言う方法が在ると言います。

因みに、コレクションの中には切手が在りますが、切手は郵便局に持って行く事で額面に記されている金額の新しい切手と交換して貰うことが出来ると言いますが、古銭などについても金額に応じて銀行に持ち込む事で現行のお金と交換して貰えると言う事になるわけです。

尚、お札などが破れてしまうとお店ではセロテープなどを貼り付ける事で買い物が出来ても、それを自動販売機で使おうとするとお札は自動販売機が受け付けてくれないので使う事が出来ません。

お札については表面と裏面の両面が在り、お札の面積が3分の2以上残っている事場合には全額の交換が可能で、残っている面積が5分の2以下、もしくは3分の2未満の場合は金額の半分と交換して貰えると言われており、これは日本銀行法と呼ばれている法律の中で汚染、損傷などした紙幣を交換することが出来ると言う決まりが在ると言われています。古銭や紙幣の中には古い時代のものを数多くコレクションしている人も多くいますが、銀行に持って行って交換する方法も一つの方法ではありますが、銀行の場合は額面と同額、もしくは額面の半額と言った形で新しいお金と交換と言う事になります。

これに対して、古銭買取りを行っている専門店の場合は紙幣の額面以上の金額で買取りをして貰える可能性が在ります。

詳しくは「古銭・紙幣を買取又は交換」を参考にしていただければそのメリットが良く分かります。

古い時代の古銭や紙幣と言うのは現代の中では使う事が出来ないものとして知られています。

例えば、従来お札の中には100円札や500円札が在りましたが、これらの紙幣は100円や500円の価値を持つため、買い物で利用する事は出来ます。

しかし、お店の多くはレジシステムを利用している場合、古い時代の紙幣や古銭などはレジシステム自体が受け付けてくれないので実質利用することが出来ませんし、これは自動販売機においても同じことが言えます。

尚、古銭買取りでは古い時代のお金の買取りと言う事を行っているのが特徴で、お金の額面以上の価値を持つものなどの場合は、高額での買取りをして貰えると言うメリットも在ります。